【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】底引き網に珍しいカニ テナガオオホモラ

【三重】底引き網に珍しいカニ テナガオオホモラ

ジャンル・エリア : 三重  2013年02月12日

上を向いた背中側の脚が特徴的なテナガオオホモラ=紀北町紀伊長島区長島で

上を向いた背中側の脚が特徴的なテナガオオホモラ=紀北町紀伊長島区長島で

 紀北町紀伊長島区長島の底引き網漁船甚昇丸が、熊野灘の深海にすむカニの仲間「テナガオオホモラ」を水揚げした。背中側の一対の脚が上を向いているのが特徴で、乗組員たちは「初めて見る種類」と驚いている。

 
 石倉幸夫船長(64)らが1月末、尾鷲市の沖合10キロで操業中、水深300メートルから引き揚げた網にかかっていた。タカアシガニかと思ったが、脚のつき方から違う種類と判断し、水槽に入れて陸に持ち帰った。

 カニを引き取った鳥羽市の鳥羽水族館によると、テナガオオホモラは、原始的なカニ「ホモラ」の一種。ホモラの中では体のとげが少なく、比較的大きくなりやすい。甚昇丸の網にかかったものは甲羅の幅が13センチあった。

 上を向いた脚で、餌の魚などを持ち上げる。元は、貝殻などをつまんで甲羅の上にかざし、身を隠していたという。

 水族館では展示していなかったため、引き取り後に館内で一般公開を始めた。状態は良く、砂地を活発に動き回っているという。

 担当の飼育員は「上向きの脚を使ったり、長い脚を砂地に立てて移動する独特のしぐさを見てほしい」と話している。

 (浅井貴司)

旅コラム
国内
海外