【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】名鉄御嵩駅前にジャンボびな登場

【岐阜】名鉄御嵩駅前にジャンボびな登場

ジャンル・エリア : 岐阜  2013年02月13日

ジャンボびなを作る人たち=御嵩町の名鉄御嵩駅で

ジャンボびなを作る人たち=御嵩町の名鉄御嵩駅で

 宿場町かいわいをひな飾りで彩る「御嶽宿のひなまつり」(23日~4月7日)を控え、御嵩町の名鉄御嵩駅前に高さ5.5メートル、幅2.5メートルのジャンボびなが登場した。

 
 にぎわいにつなげようと始まったまつりは3年目。ジャンボびなは、竹で骨組みを作り、雨に強い障子紙にペンキで色を塗ったはりぼてで、来町者を出迎えるまつりのシンボルになっている。

 同宿の景観づくりに力を入れる市民グループ「みたけ地域活性化委員会」が8時間かけて制作。調理道具のフライ返しやおたまで手を表現するなど素朴さがにじむ。1年目は高さ3メートルだったが、年々大型化し、夕方からのライトアップも計画している。

 期間中は、約400メートルのメーンストリートを中心に軒先などでひな飾りを展示。折り紙や絵手紙講座などの関連行事、ひな祭りにちなむ弁当販売も企画している。

(斉藤明彦)

旅コラム
国内
海外