【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】桃の節句に伝統体感

【滋賀】桃の節句に伝統体感

ジャンル・エリア : 近畿  2013年03月04日

歴史あるひな人形が一堂に並べられた会場=大津市大石竜門で

歴史あるひな人形が一堂に並べられた会場=大津市大石竜門で

 桃の節句の3日、ひな祭りにちなんだイベントや、歴史あるひな人形を並べる展示会が県内各地で開かれ、観光客らでにぎわった。

 
 草津市草津の国指定史跡草津宿本陣では、邦楽団体「美音の会」と市が共催する邦楽器の演奏会があり、同会のメンバーらが奏でる琴や三味線などの優美な調べに、70人の来場者が聴き入った。

 童謡「うれしいひなまつり」を演奏に乗せて来場者が合唱するコーナーや、メンバーが琴の弾き方を手ほどきする体験指導もあり、参加した子どもたちは邦楽器の魅力に触れ、楽しげな表情を浮かべていた。

 大津市大石竜門の和菓子店叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)では、江戸時代から昭和にかけて作られたひな人形120体を並べる展示会が開かれている。27日まで。

 人形の多くは、面長な江戸時代の人の顔の特徴や、綿を入れて豪華さを際立たせた衣装が特徴的な「享保(きょうほう)びな」で、270年前に作られたとみられる作品もある。来館者は、細部にまでこだわって作り抜かれた人形1つ1つに見入っていた。

 (中尾吟)

旅コラム
国内
海外