【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】震災から2年 写真で回顧  白山市の本谷さん 金沢の古民家で展示

【石川】震災から2年 写真で回顧  白山市の本谷さん 金沢の古民家で展示

ジャンル・エリア : 石川  2013年03月06日

東日本大震災の被災地で本谷さんが撮影した写真が並ぶ古民家=金沢市花園八幡町で

東日本大震災の被災地で本谷さんが撮影した写真が並ぶ古民家=金沢市花園八幡町で

 東日本大震災の被災地にたびたび足を運んでいる白山市在住の大衆文化研究家・本谷文雄さん(58)が、金沢市花園八幡町の伊東平隆さん方の古民家で「東日本大震災から2年を振り返る」と題した写真展を開いている。15日まで。入場無料。(松岡等)

 
 本谷さんは震災直後の2011年4月から昨年12月までに、宮城県名取市から青森県八戸市にかけての被災地を計6回訪問。1万枚以上の写真を撮影した。被災から1年目の写真は写真集「三陸紀行-未来に伝える東日本大震災の記録」として自費出版し、今回はそれ以降に撮影した中から28枚を展示している。

 被災地の状況について「復旧はしつつあるが、復興にはまだ遠い」と話す本谷さん。写真展は「津波のつめ跡」と題した14枚と「復興に向けて」の14枚に分けて展示。昨年3月11日に宮城県陸前高田市で亡き家族へ祈りをささげる遺族、岩手県久慈市で見つけた復興への息吹を感じさせる市場のにぎわいの様子などの写真が並ぶ。

 今回の写真展について伊東さんは「2年が過ぎ被災地のことを忘れがちになっているが、現地では皆さんが頑張っておられることが写真からうかがえる」と話している。

 写真展の開館時間は午前10時~午後5時。また、震災からちょうど2年目の11日午後1時半から、本谷さんが会場で写真を投影して被災地を訪れた報告会も開く。

 問い合わせは伊東さん=電076(258)5581=へ。

旅コラム
国内
海外