【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】ハートで結ぶ「恋人の聖地」 大津SAに記念碑

【滋賀】ハートで結ぶ「恋人の聖地」 大津SAに記念碑

ジャンル・エリア : 近畿  2013年03月25日

恋人と肩を組んでいるとの想定で記念撮影に応じる設計者で県立大院生の服部康平さん=大津市の大津サービスエリアで

恋人と肩を組んでいるとの想定で記念撮影に応じる設計者で県立大院生の服部康平さん=大津市の大津サービスエリアで

 大津市の名神高速道路大津サービスエリア(SA)上り線に、NPO法人「地域活性化支援センター」(静岡市)がロマンチックな観光地として認定する「恋人の聖地」の記念碑が完成し、24日、除幕式が行われた。

 1本の帯をひねったようにした高さ約3メートルのハート形。西日本高速道路の依頼を受け、県立大の柴田いづみ研究室で建築学を学ぶ同大院生の服部康平さん(23)が「結(ゆい)」をテーマに設計した。「どの角度からもハートに見える。違う道を歩んだ人が一緒になるイメージ」と設計意図を述べた。

 恋人の聖地は、少子化対策と地域活性化をテーマに2006年から選定され、選定委員はデザイナーの桂由美さん、華道家の假(かり)屋崎省吾さんらが務める。現在、全国に116カ所あり県内は大津SAが3カ所目。高台から琵琶湖や大津市街を見渡す眺望の良さが評価された。

 (井上靖史)

旅コラム
国内
海外