【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】FUKURAM出発 福鉄新型車両

【福井】FUKURAM出発 福鉄新型車両

ジャンル・エリア : 福井  2013年04月01日

新型車両の前でテープカットする関係者たち=越前市の越前武生駅で

新型車両の前でテープカットする関係者たち=越前市の越前武生駅で

 福井鉄道は31日、福武線に導入した新型低床車両の出発式を、越前市府中3丁目の越前武生駅で行った。関係者や鉄道ファン200人が、福井の新たな鉄道のシンボルの門出を祝った。新型車両の愛称が「FUKURAM(ふくらむ)」に決まったことも発表された。

 同社の村田治夫社長は「多くの人に注目いただき、利用してもらいたい」とあいさつ。西川一誠知事も「皆さんと力を合わせ、鉄道の新しい取り組みのある県として広めたい」と祝辞を述べた。

 県民から募っていた愛称やロゴデザインも発表された。愛称は、福井と「トラム(路面電車)」の造語で、街や夢が膨らむとの意味が込められている。

 式の後、乗客137人が乗り込み、南越消防音楽隊による演奏に送られて第1便が出発。乗客たちは、見送りの関係者らに笑顔で手を振っていた。

 新型車両は5月末まで、越前武生-田原町駅間を1日3往復する。福井鉄道では、その後の増便も計画している。

 (平林靖博)

旅コラム
国内
海外