【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】県森林公園 癒やし証明 県内初 セラピー基地認定

【石川】県森林公園 癒やし証明 県内初 セラピー基地認定

ジャンル・エリア : 石川  2013年04月09日

県内初の「森林セラピー基地」となった県森林公園=津幡町の県森林公園で

県内初の「森林セラピー基地」となった県森林公園=津幡町の県森林公園で

 森林浴による「癒やし」の効果が科学的に証明されたとして、津幡町の県森林公園が、NPO法人「森林セラピーソサエティ」(東京)から「森林セラピー基地」に認定された。「基地」は森林浴効果が得られる場所という意味で、全国に48カ所あり、県内では初めて。(高橋淳)

運動や散策 気持ちいい

 県森林公園で運動や散策をしたときの「気持ち良さ」が、専門家によってお墨付きを得た。

 「森林セラピー基地」に認定されたことを受け、津幡町などでつくる協議会は今後、森の楽しみ方をガイドする案内人の育成や、健康プログラムの開発を進める。

 癒やし効果の実証実験は昨年8月、金沢大の学生12人が参加し、同町の市街地と同公園で行った。同公園で過ごしたときは副交感神経の活動が高まるなど、リラックスしていたことが分かった。同法人の委託を受け、千葉大や森林総合研究所(茨城県)が検証した。

 8日に同公園を散歩していた富山市の無職男性(66)は「金沢に来た機会に立ち寄るようにしている。体調が良くなっている実感もあるから、認定は当然かなと思う」と話した。

 同公園は1973(昭和48)年に開園した。面積は1150ヘクタール。北陸三県ではほかに、富山市の立山山麓などがセラピー基地に認定されている。

森林セラピー 科学的な根拠に裏付けられた森林浴の効果によって、健康維持や病気の予防を目指す。森の香りや景観、葉のそよぐ音などが身体の五感を通じて好影響を与え、ストレスホルモンが減ったり、血中の抗がんタンパク質が増えたりする効果があるとされる。産官学の合同組織が2004年に発足して研究・推進が本格化し、NPO法人「森林セラピーソサエティ」などに引き継がれた。

旅コラム
国内
海外