【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】松本市美術館で草間さんの絵画展

【長野】松本市美術館で草間さんの絵画展

ジャンル・エリア : 甲信越  2013年04月10日

初めて公開された草間さんの新作(右から)「戦争の終わった幸福」「心の燃えた日」「世界の愛のすべて」=松本市美術館で

初めて公開された草間さんの新作(右から)「戦争の終わった幸福」「心の燃えた日」「世界の愛のすべて」=松本市美術館で

 松本市出身の前衛芸術家・草間弥生さんの新作絵画3点の展示が9日、市美術館で始まった。昨年後半に完成した「世界の愛のすべて」「心の燃えた日」「戦争の終わった幸福」で、公開されるのは初めてとなる。

 市が今年9000万円で購入し、常設展で展示していた別の3点が静岡県立美術館に貸し出しされたことから、松本市美術館が草間さんに依頼して借りた。

 「世界の愛のすべて」など3点はいずれも1.94メートル四方で、草間さんが現在取り組んでいる「わが永遠の魂」シリーズ。「世界の愛のすべて」は白地に赤色、「戦争の終わった幸福」はブロンズ色の背景に青色が使われている。

 共に随所に正面からの女性の顔が描かれている。これまで草間さんは横顔を描くことが多かったが、新たな表現方法がうかがえる。「心の燃えた日」は金色の下地で、青い線の中に赤色で草間さんのモチーフである水玉が無数に配置されている。

 学芸員の渋田見彰さん(35)は「草間さんの絵画はどんどん進化、変化しており、今生きている作家の最新を見てもらえる貴重な機会となっている」と話した。

 展示終了時期は未定。入場料は大人400円、大学・高校生200円、中学生以下と70歳以上の松本市民は無料。

(勝股大輝)

旅コラム
国内
海外