【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】1歳ポニーが乗馬体験デビューへ 四日市の牧場

【三重】1歳ポニーが乗馬体験デビューへ 四日市の牧場

ジャンル・エリア : 三重  2013年04月14日

デビューを控えたポニー「トノ」を世話する伊藤さん=四日市市下海老町で

デビューを控えたポニー「トノ」を世話する伊藤さん=四日市市下海老町で

 四日市市下海老町の「下海老牧場」で飼育している1歳のポニー「トノ」が今月下旬から、子どもを乗せる乗馬体験にデビューする。牧場オーナーの神野幹雄さん(59)は「とても人懐っこいので、かわいがってあげてほしい」と話す。

 「トノ」は2011年5月25日、すでに亡くなった父「タケ」と、乗馬体験で活躍中の母「サクラ」の間に生まれた。現在は体長約130センチ、体重約140キロ。くり色と白色のまだらの毛並みで、おとなしい性格が特徴という。

 デビューに向けて、今年1月から準備を開始。市内の幼稚園や児童養護施設に赴き、子どもたちを背に乗せるなど交流を重ねてきた。神野さんの友人で、餌やりなどの世話を手伝ってきた笹川おやじ倶楽部(くらぶ)の伊藤善夫会長(63)=四日市市笹川=も「生まれた時から世話してきたので、感慨深い」と、デビューを心待ちにしている。

 乗馬体験は約8年前から市内各地で開いており、今春は四日市市桜町の四日市スポーツランドの芝生広場で、27~29日と5月3~6日の午前10時~午後3時に開く予定。雨天中止。体重20キロぐらいまでの子どもが対象で、料金は1人500円。

 牧場は神野さんが約10年前に開き、現在は約1300平方メートルの敷地でポニー4頭を飼育している。問い合わせは、伊藤さん=090(2619)3848

 (河崎裕介)

旅コラム
国内
海外