【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】石浦神社で昼夜遊ぼう 27~29日 朝市からバーまで

【石川】石浦神社で昼夜遊ぼう 27~29日 朝市からバーまで

ジャンル・エリア : 石川  2013年04月18日

イベントの準備を進める高山さん(右)と長谷宮司=金沢市本多町で

イベントの準備を進める高山さん(右)と長谷宮司=金沢市本多町で

NPO企画

 金沢市のまちなかにある石浦神社(本多町)で、朝市からバーまで昼夜催しをし、都市の魅力アップにつなげようと、NPO法人趣都金沢は4月から、定期企画「金沢宮遊(きゅうゆう) 石浦」を開く。第一弾は、27日からの3日間。(小椋由紀子)

 北陸新幹線開業を見据えてまちづくりに取り組むNPOと、にぎわいを取り戻したい神社の思いが合致した。神社の境内などで年5回ほど、朝、昼、夜と時間に合わせて食やクラフト、アートイベントを途切れなく催す。

 朝市を楽しんだ後、観光に出発したり、神社で昼夜のイベントを体験したりと、金沢での新しい過ごし方を提案し、滞在時間を長くするのが狙い。

 NPOの高山健太郎さん(30)は「観光スポットが集積する市中心部の石浦神社は、まちの風情をPRする効果的な場所」と指摘。「観光客と地域との交流を生み出し、金沢の良い印象を植え付けられれば」と話す。

 ワインコンサートなど、これまでも「神社らしくない」催しをしてきた石浦神社の長谷吉憲宮司(38)は「お宮は地域の広場。まずは親しんでもらえたら。新幹線開業に向けても、他の神社と連携し、盛り上げていきたい」と話している。

 27~29日はカフェや朝市、映像作家モリ川ヒロトーさんのライブ、作家マーケット、地酒バーなどさまざまなイベントを開催。午前7時~午後10時(初日、最終日は変則)、入場無料。問い合わせは、高山さん=電090(7896)9690=へ。

旅コラム
国内
海外