【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】ラナンキュラスで切り花アート 東海市民、不要の2万本で

【愛知】ラナンキュラスで切り花アート 東海市民、不要の2万本で

ジャンル・エリア : 愛知  2013年04月24日

ラナンキュラスの花を挿し、切り花アートの展示方法を考える東海市職員=市農業センターで

ラナンキュラスの花を挿し、切り花アートの展示方法を考える東海市職員=市農業センターで

 春の鉢花として人気のラナンキュラスの花2万本を使った切り花アート作りに東海市民50人が挑む。名鉄太田川駅東のどんでん広場で27日に制作し、28日まで飾る。市農業センターなどが準備を進めている。

 ラナンキュラスは市内の農家11戸が生産している。販売用の球根を作るため、せっかくの花を切り取って捨てていることに市農務課が目を付けた。市広報でこれを生かした切り花アート制作の参加を呼び掛け、応募した50人が制作する。

 27日は午前10時から、下絵に沿って幾つもの小さな穴が開いている縦3.6メートル、横4.5メートルの木の板に、赤や黄、オレンジなどの切り花を生け、アートを完成させる。展示は28日午後5時まで。

 この催しを開催するに当たって、市農業センターは1カ月ほど切り花アートを研究。花がしおれないように、茎を10センチほど残し、水を十分吸収できるようにして生ける展示方法を考えた。

 両日は会場で市内の園芸店や農業センターが花の苗や洋ラン、野菜なども販売する。(問)まちづくり東海=電0562(77)0789

(有川正俊)

旅コラム
国内
海外