【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】出品自由 個性きらり 21美でアンデパンダン展 県内愛好家

【石川】出品自由 個性きらり 21美でアンデパンダン展 県内愛好家

ジャンル・エリア : 石川  2013年04月24日

個性的な作品が並ぶ展示会場=金沢21世紀美術館で

個性的な作品が並ぶ展示会場=金沢21世紀美術館で

絵画や写真、陶芸・・・113点

 県内の絵画や陶芸の愛好家らが自由に出品する「2013石川アンデパンダン展」が23日、金沢市広坂の金沢21世紀美術館市民ギャラリーで始まった。個性あふれる113点が一堂に展示されている。29日まで。

 展覧会は、初心者からプロまでの作品をテーマにかかわりなく自由に出品してもらおうと、石川美術会が毎年この時期に開催。ジャンルも油絵や日本画、水墨画、写真や陶器と幅広く、出品者一人一人の個性が映し出されている。

 金沢市末町の絵画教師相沢まり子さんの「荒れはてた大地」は東日本大震災の被災地、福島県南相馬市の海岸が題材。水彩の下地にコンテや砂を載せ、津波に押し流された土地に、雑草や漂流物が積み重なる風景を描き出している。

 美術会の河村二郎事務局長は「個性あふれる作品ばかり。多くの人が鑑賞し、作品づくりに参加してもらえれば」と話している。

 入場無料。会期中無休。午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。27日午後3時から県立美術館(金沢市出羽町)の別館ホールで、須坂版画美術館(長野県)主任杉本あゆ子さんの講演会も予定されている。(出来田敬司)

旅コラム
国内
海外