【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】世界遺産にコイの群れ舞う 熊野古道・浜街道

【三重】世界遺産にコイの群れ舞う 熊野古道・浜街道

ジャンル・エリア : 三重  2013年04月30日

熊野灘の潮風を受け泳ぐこいのぼり(後方右は獅子岩)=熊野市の七里御浜で

熊野灘の潮風を受け泳ぐこいのぼり(後方右は獅子岩)=熊野市の七里御浜で

 世界遺産に登録されている熊野市井戸町の熊野古道・浜街道で、赤や青のこいのぼり200匹が潮風を受け、豪快に舞っている。

 地元住民らが、浜街道の一部をなす七里御浜に高さ8メートルのポール4本を立て、全長約1キロのロープをわたして、こいのぼりを取り付けた。浜に突き出た奇岩「獅子岩」や太平洋を背景に泳ぐ姿に、観光客がカメラを向ける。

 こいのぼりは大型連休に合わせ、東日本大震災があった2011年を除いて毎年、掲げており29回目。主催する市民団体「鯉(こい)のぼりの会」代表世話人の尾川茂さん(61)は「年々知名度も上がり、コイも元気いっぱい」と話している。5月6日正午まで。

(小柳悠志)

旅コラム
国内
海外