【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ドラえもん電車 15年8月末まで 万葉線 GWに10万人突破

【富山】ドラえもん電車 15年8月末まで 万葉線 GWに10万人突破

ジャンル・エリア : 富山  2013年05月08日

くす玉を割り、運行延長と乗客10万人突破を祝う人たち=高岡駅前電停で

くす玉を割り、運行延長と乗客10万人突破を祝う人たち=高岡駅前電停で

 昨年9月から1年の期間限定で走っている万葉線の「ドラえもん電車」が、2015年8月末まで運行されることになった。ファンからの高い人気を受けた延長で、6日には乗客数が10万人を突破。同年春に開業する北陸新幹線との相乗効果で、さらなる集客が期待される。

 ドラえもんは高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作で、2112年9月生まれ。その「生誕100年前」を記念し、市などでつくる実行委が藤子・F・不二雄プロ(東京)の協力を得て、電車を運行してきた。

 高岡、射水両市を結び、実行委によると平日は1日200人、大型連休前半には1日で5、600人の乗車があった。最近では、ドラえもん人気が高い台湾からの観光客も増えているという。

 この日は高岡駅前電停で記念のくす玉割りがあり、万葉線の竹平栄太郎社長が運行延長を発表すると、詰め掛けた大勢の家族連れから拍手が起きた。午前11時の始発の乗客にはドラえもんグッズやどら焼きが贈られ、車内は満員状態に。神戸市から家族で訪れた金作祐里ちゃん(4つ)は「初めて乗ってみたけど、かわいい。また乗りに来たい」とわくわくした様子だった。 (近藤統義)

旅コラム
国内
海外