【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】ひな段で圧巻、五月人形展示 須坂の博物館

【長野】ひな段で圧巻、五月人形展示 須坂の博物館

ジャンル・エリア : 甲信越  2013年05月10日

15段の五月人形が展示されている館内=須坂市で

15段の五月人形が展示されている館内=須坂市で

 須坂市野辺の「世界の民俗人形博物館」で、15段の特大ひな壇に五月人形を飾る特別展示が開かれている。6月23日まで。

 30段のひな飾りで知られる同館が毎年実施しており、今年で6回目。全国の家庭から館に寄贈されたよろい兜(かぶと)の大将人形など250体が棚一面に飾られている。

 愛らしい子ども武者や、豊臣秀吉ら本物の武将のものを再現したよろいなど、さまざまな人形が並び、脇には弓矢や扇の置物なども飾られている。

 かぶとと陣羽織を着けて記念撮影できるコーナーもある。

 博物館は「自宅で五月人形を飾ったり、こいのぼりをあげたりする機会が減っている。世代を越えて見てもらい、昔を懐かしんでもらえれば」と話している。

 入館料、大人500円(須坂版画美術館と共通入館券)。小中学生無料。

 問い合わせは、世界の民俗人形博物館=電026(245)2340=へ。

(小西数紀)

旅コラム
国内
海外