【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】金のバット 一般公開 松井さん栄誉賞記念 来館者、普段の3倍

【石川】金のバット 一般公開 松井さん栄誉賞記念 来館者、普段の3倍

ジャンル・エリア : 石川  2013年05月16日

展示が始まった金色のバットと表彰状、盾を眺める来館者=能美市山口町で

展示が始まった金色のバットと表彰状、盾を眺める来館者=能美市山口町で

能美の記念館

 元大リーガー松井秀喜さん(38)が国民栄誉賞を受賞した記念の金のバットや表彰状、盾などの常設展示が15日、松井さんの出身地、能美市山口町の松井秀喜ベースボールミュージアムで始まった。

 バットは純銀に金メッキして背番号と名前が手彫りにされている。5日に東京ドームであった授与式後のプロ野球巨人-広島戦で使ったボールと同じ限定球に、松井さんと同時受賞した恩師・長嶋茂雄さんの2人がサインしたボールも並んでいる。

 館長の父昌雄さん(71)は「初日からたくさんの人が来てくださってありがたい。記念品を見て、子どもたちが夢や希望を持ってくれたらうれしい」と話した。

 昌雄さんと20年来の交流がある白山市のNPO法人「美川あんずの家」の竹内信孝理事長(70)は、運営する障害者福祉施設の利用者と職員計18人で来館。「みんなで楽しみにしていた。松井さんは素晴らしい人間性を持った方で県の誇りです」と展示に見入った。松井さんの高校時代からのファンという津幡町の谷口一隆さん(73)は妻と訪れ「スターそのもの。これからの活躍も期待している」と笑顔で話した。

 館によると、展示初日の来館者数は446人で、普段の平日の3倍だった。 (白井春菜)

旅コラム
国内
海外