【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】富山市ファミリーパーク 野生のフクロウ親子居た

【富山】富山市ファミリーパーク 野生のフクロウ親子居た

ジャンル・エリア : 富山  2013年05月17日

職員が撮影したフクロウのひな(市ファミリーパーク提供)

職員が撮影したフクロウのひな(市ファミリーパーク提供)

15年ぶりにひな確認

 富山市古沢の市ファミリーパークで野生のフクロウの親子が確認された。園内でフクロウのひなが見られたのは15年ぶり。里山の生態系が園内で復活してきた兆しに、職員らは喜んでいる。(住彩子)

 12日午後3時ごろ、園内の職員用通路を通り掛かった女性職員が手すりに止まっているひな1羽と近くにいた別のひなを発見。親鳥と一緒にいることが確認された。ひなは体長30センチで親鳥とほとんど変わらないが、全身が綿毛のような羽毛に覆われている。

 フクロウは木の穴に巣を作り、ひなはふ化から1カ月ほどで巣立ちを迎える。パークによると、ひなたちは現在、羽ばたく訓練の最中とみられる。自力で餌をとり、独り立ちするには1カ月ほどかかる。

 パークは豊かな環境づくりを目指し、2006年から地元住民と協力して園内にホタルの生息地やカエルの繁殖場所を整備してきた。最後に園内でフクロウの繁殖が記録されたのは15年前だった。巣は確認できていないものの、捕食者であるフクロウの繁殖を再確認したことに企画事業課の小杉潤主幹は「生態系が安定している証拠」と喜ぶ。

 フクロウは夜行性だが、小杉主幹は「運が良ければ会えるかも」と話す。パークは「多彩な鳥の生息する環境を楽しんで」と来園を呼び掛けている。

旅コラム
国内
海外