【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】昭和30年代の雰囲気再現 長野で人形展

【長野】昭和30年代の雰囲気再現 長野で人形展

ジャンル・エリア : 甲信越  2013年05月22日

紙芝居に見入る子どもたちの人形=長野市の水野美術館で

紙芝居に見入る子どもたちの人形=長野市の水野美術館で

 貧しくても希望に満ちていた昭和30年代の雰囲気を人形作家の石井美千子さん(59)が表現した作品展「昭和のこどもたち」が長野市の水野美術館で開かれている。6月2日まで。

 石井さんは1987年から「昭和のこどもたち」に向けて創作を始め、全国各地で作品展を開催。観客動員数は150万人を超え、昭和30年代ブームの火付け役となったとされる。

 会場には、264体の人形を展示。取っ組み合いのけんかをする子や、こま回しをして遊ぶ子どもたちが表情豊かに表現されている。

 東日本大震災を経て制作した新作もある。上田市から訪れた東方その子さん(62)は「私たちが子どもだったころの思い出がよみがえり懐かしい」と表情を緩ませていた。

(武藤周吉)

旅コラム
国内
海外