【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】さばずし 準備忙し 虫干法会へ南砺の組合員ら

【富山】さばずし 準備忙し 虫干法会へ南砺の組合員ら

ジャンル・エリア : 富山  2013年05月27日

ご飯やサンショウの葉の上に3枚におろしたサバを重ね、さばずしを漬け込む組合員=南砺市城端で

ご飯やサンショウの葉の上に3枚におろしたサバを重ね、さばずしを漬け込む組合員=南砺市城端で

 南砺市の城端魚商組合員らが26日、同市城端の城端別院善徳寺で7月に行われる「虫干法会(むしぼしほうえ)」の際、参拝者に振る舞う食事「お斎(とき)」として出すさばずしの漬け込み作業をした。

 組合員や寺の関係者11人が朝から取り組んだ。サバ1050匹を3枚におろし、ご飯やサンショウの葉などと交互にたるに敷き詰めた。ふたをして石で重しをして、虫干法会まで発酵させるという。南勝組合長(70)は「昔ながらの製法でつくった素朴な味を、多くの人に味わってほしい」と話した。

 虫干法会は、加賀藩前田家ゆかりの美術・調度品などの宝物に風を当てる行事で、宝物の一部が一般公開される。今年は7月22~28日に行う。 (萩原誠)

旅コラム
国内
海外