【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】曼荼羅の世界を彫刻で 伊賀の服部さん

【三重】曼荼羅の世界を彫刻で 伊賀の服部さん

ジャンル・エリア : 三重  2013年05月29日

8年半がかりで仕上げた、彫刻による「両界曼荼羅」=伊賀市槙山で

8年半がかりで仕上げた、彫刻による「両界曼荼羅」=伊賀市槙山で

 伊賀市槙山(まきやま)、仏師服部俊慶さん(66)が、仏教の世界観を象徴する「曼荼羅(まんだら)」を表現した彫刻作品を完成させた。8年半がかりの大作。6月1日に依頼先の滋賀県甲賀市水口町の泉福寺に納める。

 作品名は「両界曼荼羅」。密教の教えで、宇宙の真理を表す「金剛界」と、母のような慈愛を表す「胎蔵界」の2枚1組で構成する。

 服部さんは泉福寺の注文を受け、2004年秋から県内外の弟子ら14人と協力して制作を始めた。1枚縦3.8メートル横3.3メートル。大日如来を中心にそれぞれ1461、414体の仏像を配置している。仏像は、ヒノキやカヤを削り、漆を塗って泥絵の具で極彩色に仕上げている。

 小学生のころから、仏像に興味があったという服部さん。伊賀市の上野高校在学中、京都仏像彫刻研究所に入門し、1976年に独立した。これまでに浄土宗総本山の知恩院(京都市東山区)の法然上人像など数々の木像を手掛け、彫刻による曼荼羅の制作は今回が6回目。

 服部さんは「長年精いっぱい取り組み、出来には納得している」と話す。泉福寺に搬入後、2週間かけて本堂の壁に飾られる。

(山田雄之)

旅コラム
国内
海外