【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】古時計500点を展示 下呂の下村さん、県博物館で

【岐阜】古時計500点を展示 下呂の下村さん、県博物館で

ジャンル・エリア : 岐阜  2013年06月03日

江戸中期から昭和までの古時計を紹介する下村さん=関市小屋名の県博物館で

江戸中期から昭和までの古時計を紹介する下村さん=関市小屋名の県博物館で

 下呂市金山町の元金山中学校長、下村洋一さん(61)が趣味で集めた古時計500点を紹介する企画展が、関市小屋名の県博物館マイミュージアムギャラリーで開かれている。30日まで。

 古時計と出合ったのは同志社大に在学していた22歳のころ。偶然手にした雑誌に掲載されていた大正時代の置き時計を見た後、骨董(こっとう)品店で同じものを見つけて「目を奪われた」という。40年近くにわたって県内の骨董品店で1000点を収集。会場には江戸中期の和時計から、昭和に製造された置き時計、掛け時計が並ぶ。フクロウの目が左右に動く時計が目を引いている。

 太平洋戦争中に製造され、少年兵や軍艦、大砲をかたどった時計も展示している。下村さんは「時代で趣向が異なる。時間だけでなく、時代も教えてくれる」と力を込めた。

 マイミュージアムギャラリーの入館は無料。問い合わせは、県博物館=電0575(28)3111=へ。

(成田嵩憲)

旅コラム
国内
海外