【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】黒部ダム建設史たどる 市資料館 写真やパネル展示

【富山】黒部ダム建設史たどる 市資料館 写真やパネル展示

ジャンル・エリア : 富山  2013年06月18日

完成50周年で企画された黒部ダムの特別展=黒部市歴史民俗資料館で

完成50周年で企画された黒部ダムの特別展=黒部市歴史民俗資料館で

 黒部ダム・黒部川第四発電所完成50周年の特別展「黒部ダムを探る」が、黒部市宇奈月町下立の市歴史民俗資料館で開かれている。10月14日まで。

 黒部ダム建設前に現場写真に描かれた計画図、建設作業やトンネル掘削の様子、完成したダムに水を満たす湛水(たんすい)式などの写真やパネルを、関西電力の協力で展示。ダム建設史を一目でたどれるようにしている。

 旧厚生省に国立公園内でのダム建設のため、関西電力側が提出した風致の維持を誓う誓約書、小説家川端康成や大仏次郎、日本画家加山又造らがダムを視察した際の色紙など貴重な資料もあるほか、石原裕次郎さん主演の映画「黒部の太陽」関連のパネルも展示されている。

 15日は同館の歴史講座で、林恵七・関西電力黒部川電力システムセンター所長が「黒部川と電源開発の歩み」と題して講演した。聴いていた入善町ひばり野小学校6年金山誓花さん(12)は自由研究で黒部ダムを調べており「自分が住んでいる近くにすごいダムがあるのにまだ行ったことがない。たくさんの時間と苦労がかかっている黒部ダムを今年は見に行く」と期待した。

 休館は月曜、祝日の翌日、月末の木曜など。入館料300円、中学生以下無料。

 (高橋恒夫)

旅コラム
国内
海外