【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】篁牛人「南国の景」 命の素晴らしさ 水墨画に託し

【富山】篁牛人「南国の景」 命の素晴らしさ 水墨画に託し

ジャンル・エリア : 富山  2013年06月19日

水墨画「ミナミの国」を解説する田尻学芸員=富山市安養坊で

水墨画「ミナミの国」を解説する田尻学芸員=富山市安養坊で

記念美術館で企画展

 県ゆかりの水墨画家篁牛人(たかむらぎゅうじん)(1901~84年)の作品を紹介する企画展「南国の景」が7月21日まで、富山市安養坊の篁牛人記念美術館で開かれている。会期中無休。 

 墨をこするように濃淡を描く渇筆技法が特色で、「スコール」や「なまずと鯉(こい)」、「南方の人」など35点を展示。第2次世界大戦中に兵士として赴いた東南アジアのタイやマレーシアでの出来事を題材に、帰国後に描いた。南国の人々の生き生きとした作品が多い。

 田尻佐千子学芸員は「明治生まれの牛人が異国の自然や風物を見て感銘を受けて描いた作品が多い。命の素晴らしさを感じてほしい」と来場を呼び掛けている。 (青木孝行)

旅コラム
国内
海外