【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】幻想的なLED流し 紀北で7月「七夕物語」

【三重】幻想的なLED流し 紀北で7月「七夕物語」

ジャンル・エリア : 三重  2013年06月25日

PRする実行委のメンバー=津市大門の中日新聞三重総局で

PRする実行委のメンバー=津市大門の中日新聞三重総局で

 紀北町海山区の清流・銚子川を天の川になぞらえ、星に見立てた発光ダイオード(LED)入りカプセルを流す催し「2013 きほく七夕物語」が7月6日夜にある。地元の各種団体でつくる実行委員会(関口省吾委員長)のメンバーが24日、津市大門の中日新聞三重総局を訪れ、PRした。

 催しは7回目で、昨年は過去最高の7000人(主催者発表)が参加、見学した。6日は白や赤、緑などに光る直径15センチの透明なカプセル2013個を用意。参加者は願い事の短冊を入れて流し、カプセルが川面を漂う幻想的な光景を楽しむ。

 申し込みは午後5時半から、地区内の庭園「種まき権兵衛の里」で。上流の「キャンプinn海山」まで移動して放流する。カプセルは、下流に張ったネットで回収する。

 参加費は200~500円。小雨決行。問い合わせは実行委事務局のNPO法人・ふるさと企画舎=電090(7686)2690=へ。

 (相馬敬)

旅コラム
国内
海外