【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】富士山の世界遺産登録で多彩な催し

【静岡】富士山の世界遺産登録で多彩な催し

ジャンル・エリア : | 鉄道 | 静岡  2013年07月11日

伊豆箱根鉄道が発売する富士山世界文化遺産登録記念乗車券と台紙

伊豆箱根鉄道が発売する富士山世界文化遺産登録記念乗車券と台紙

◆記念乗車券販売 伊豆箱根鉄道

 伊豆箱根鉄道(三島市)は13日から、富士山の世界文化遺産登録を記念した乗車券を、各駅の窓口で販売する。

 富士山を見ながら伊豆旅行ができる点をPRしており、乗客や沿線住民に富士山への愛着を深めてもらおうと記念乗車券を企画した。横8センチ、縦3センチと通常の切符より大きく、表には車窓から見える富士山の絵を描いた。乗車券に付いてくる台紙にも、沿線の富士山ビュースポットを掲載した。

 価格は500円。富士山の標高にちなんで3776枚を限定販売する。三島駅から乗車できるが、自動改札は使えない。

 問い合わせは平日午後4時半まで、伊豆箱根鉄道運輸課=電055(977)1207=へ。

(山田晃史)

◆海の日に子ども運賃無料 ドリームフェリー

 静岡市清水区のエスパルスドリームフェリーは「海の日」の15日、清水港(静岡市)と土肥港(伊豆市)を結ぶ航路「県道223(ふじさん)号」の高速フェリーで、小学生以下の子ども運賃を無料にする。船内で世界文化遺産の富士山を題材にした検定など多彩な催しを行う。

 午前8時~午後4時に清水港を出発する4便と、午前9時20分~午後5時20分に土肥港を出発する4便が対象。同伴の大人1人に付き子ども2人まで、通常880円の運賃が無料になる。

 船内では富士山や駿河湾、223号にちなんだクイズ「223検定」を実施。子ども用の船長服を借りて記念写真も撮影できる。

 223号は今年4月、全国で初めて観光目的で海上県道として認定された。所要時間は片道約65分。

 同社の担当者は「日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾の歴史を親子で学び、海上の旅を楽しんでもらいたい」と期待する。

 問い合わせはエスパルスドリームフェリー=電054(353)2221=へ。

(奥村圭吾)

旅コラム
国内
海外