【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】千保川下り+お楽しみ 高岡の団体 7~10月、参加型催し

【富山】千保川下り+お楽しみ 高岡の団体 7~10月、参加型催し

ジャンル・エリア : まつり | 富山 |   2013年07月17日

4月にあった千保川沿いの桜を楽しむ川下り=高岡市木津で

4月にあった千保川沿いの桜を楽しむ川下り=高岡市木津で

 高岡市の市街地を流れる千保川と親しむ市民団体「千保川・未来プロジェクト」は今月下旬から10月にかけ、街歩きを組み合わせたり、ほかのイベントと連携したりした川下りを企画している。

 今月28日には、川下りの後、江戸時代に高岡が開かれた際、材木などの集散地として最初に開発された同市木町を散策してもらう。高岡を開いた加賀藩二代藩主前田利長に感謝し、拝領書状を開帳する木町神社の「御書祭(ごしょまつり)」に合わせて催す。同市佐野のおとぎの森公園から1時間半の川下りをした後、御書祭の様子を見学し、周辺の史跡を訪れる。

 8月には、高岡七夕まつり開催中の4日にたなばた・クルーズ、25日に万葉線のドラえもん電車などと連携した夏休み親子ツアーを予定している。

 9月は、街全体を芸術作品の展示空間にする金屋町楽市と連携してミニ川下り体験会、10月は万葉集を朗唱する万葉まつりや高岡クラフト市場街と連動した川下りと散策を、それぞれ計画している。

 御書祭に合わせた川下りは午前9時、午後0時半の2回で、各回定員8人(先着順)。参加費2000円。事務局は会員のフジチュウ=電0766(22)0170=へ。 (飯田克志)

旅コラム
国内
海外