【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】色彩豊かな風景描く 安曇野で画家小林さんの作品展

【長野】色彩豊かな風景描く 安曇野で画家小林さんの作品展

ジャンル・エリア : 甲信越 | 芸術  2013年07月22日

地元出身の小林さんを紹介する展示会=安曇野市豊科の市豊科交流学習センター「きぼう」で

地元出身の小林さんを紹介する展示会=安曇野市豊科の市豊科交流学習センター「きぼう」で

 安曇野市穂高柏原出身の画家小林邦さん(1906~90年)の作品を紹介する展示会が、安曇野市豊科の市豊科交流学習センター「きぼう」で開かれている。8月1日まで。

 地元出身やゆかりのある芸術家を紹介するため市教委が始めた企画展の3回目。小林さんは1938(昭和13)年に国展で国画奨学賞を受けるなど活躍した。48年には中信美術会の結成に参加し、後に会長や顧問などを歴任して後進の育成にも力を入れた。

 会場には、緑色の葉をつけた木がうっそうと茂った「原生林」や民家の背景に雄大にそびえる有明山を描いた「有明山」など、小林さんの特徴である色彩豊かな油絵など約60点が並ぶ。

 市教委文化課の村上千代子さんは「身近で親しみやすい風景が多く描かれている。多くの人に見てほしい」と話した。

 (勝股大輝)

旅コラム
国内
海外