【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】「クイズマップ」8月開催 松本市イベント第2弾

【長野】「クイズマップ」8月開催 松本市イベント第2弾

ジャンル・エリア : まちおこし | 甲信越  2013年07月23日

「上土・下町会館」の位置を示すブロック石の段数を問うなどユニークなクイズが用意されている=松本市大手で

「上土・下町会館」の位置を示すブロック石の段数を問うなどユニークなクイズが用意されている=松本市大手で

 松本市は、国宝松本城を中心とする市街地を歩き、チェックポイントで用意されたクイズを解く「歩こう!クイズマップin松本」を8月に始める。市の健康づくりの基本施策「市民歩こう運動」を推進するため庁内から募ったアイデアの1つで、6月に開かれた市内の水道施設を巡るウオーキング大会に続く第2弾のイベントだ。

 「歩こう!クイズマップ」は市下水道課が企画。約2時間かかる総距離5.6キロのコースを図に従って歩き、公共建築物や神社など11のチェックポイントにちなんだ問題を解いて回る。マップや解答用紙は8月1日から市のホームページから取得でき、市上下水道局下水道課や市役所本庁舎受付、市大手事務所観光情報センターでも配布する。

 クイズは、松本城東門の井戸(大手)にある「上土・下町会館」の位置を示すため積まれている四角い御影石風のブロックの数や、現在の開智小学校の正門から旧開智学校の正門付近までの歩道に使われている試作品のカラーマンホールのふたの数などを問い、実際に現地を歩かなければ答えられないよう工夫してある。

 答えを記入した用紙を切り取って市下水道課に送ると、正解者の中から抽選で5人に「信州松本の水」の24本入り1箱、100人に市バス「タウンスニーカー」の1日乗車券が贈られる。応募は9月10日締め切り(当日消印有効)。

 下水道課の上條一夫課長補佐は「期間が夏休みとかぶるので、熱中症対策をして親子で参加してほしい」と呼び掛けている。

 (佐野公彦)

旅コラム
国内
海外