【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】香り良し、程よい苦み 九頭竜川の天然アユが旬

【福井】香り良し、程よい苦み 九頭竜川の天然アユが旬

ジャンル・エリア : グルメ | 福井  2013年07月30日

 香ばしい香りを漂わせ、炭火でこんがり焼き上がるアユ=永平寺町松岡上合月のさぎり屋で

香ばしい香りを漂わせ、炭火でこんがり焼き上がるアユ=永平寺町松岡上合月のさぎり屋で

 ずらりと並んだ九頭竜川の天然アユが炭火でじっくり焼き上がる-。一雨ごとにアユが成長する時季。永平寺町松岡上合月の「さぎり屋」でも、体長17~20センチに育ったアユの塩焼きの香ばしい香りが店内を包む。

 アユは串に刺し、ひれに塩をもんで縦焼きにする。最初に柔らかい腹から焼くことで形を崩さずに焼けるという。店の総括責任者の中村勘太郎さん(60)は「今の時季は香りが良く独特の苦味が最高。骨も身も柔らかいので、丸ごと食べられる」とPRする。

 1匹600円で、焼くには20~30分かかるため、待ち時間が惜しい人には予約を勧めている。問い合わせは同店=電0776(61)1123=へ。

 (中田誠司)

旅コラム
国内
海外