【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】濃い甘み楽しんで 大府・長根のブドウ園開所

【愛知】濃い甘み楽しんで 大府・長根のブドウ園開所

ジャンル・エリア : 愛知 | 果物  2013年08月06日

たわわに実るブドウの下で、ブドウ狩り期間中の安全を祈る組合員ら=大府市長根町で

たわわに実るブドウの下で、ブドウ狩り期間中の安全を祈る組合員ら=大府市長根町で

 大府市長根町の大府長根山観光ぶどう組合に所属する4つのブドウ園が5日、開所した。ことしは、ブドウ狩りを始めて50年目の節目に当たる。

 長根町のブドウ園であった開所式で、岡田道雄組合長(63)ら3人が園内に塩をまき、豊作と観光客の無事故を祈った。

 組合によると、作柄は平年並みだが、巨峰は猛暑の影響で実が少し小さめ。岡田さんは「雨がもう少し降ってほしい。ただ、日照りの年は甘みが凝縮される」と、味の良さに期待していた。

 14日まではデラウエアで、入園料は中学生以上1000円(土産付き1500円)、小学生800円、3~5歳児は500円。

 23~9月17日は巨峰で、中学生以上1400円、小学生900円、3~5歳児600円。(問)案内所(開催期間中のみ)=電0562(46)4911

(出口有紀)

◆東浦の巨峰配ってブドウ狩りPR

「ブドウ狩りに来てね」。来庁者に巨峰を手渡す間瀬組合長(右)=東浦町役場で

「ブドウ狩りに来てね」。来庁者に巨峰を手渡す間瀬組合長(右)=東浦町役場で

 東浦町の東浦森岡ぶどう組合は5日、町役場で巨峰60房を配り、21日に始まるブドウ狩りへの来場を呼び掛けた。

 ことしは猛暑で雨が降らず、ブドウの粒は小ぶりになったが、間瀬英夫組合長(49)は「早めに色づき、味も良くなった」と笑顔。役場で、他の組合員らと5人で、収穫したばかりの巨峰を手渡した。

 組合加盟の33軒の農家には直売所があり、ブドウ狩りは9月中旬まで6軒で楽しめる。中学生以上1500円、小学生1000円、4歳以上600円。(問)JAあいち知多森岡支店=電0562(83)2081

旅コラム
国内
海外