【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】秋の味覚、ナシお目見え 東近江で販売

【滋賀】秋の味覚、ナシお目見え 東近江で販売

ジャンル・エリア : 果物 | 近畿  2013年08月08日

ナシの出来をチェックする組合員ら=東近江市建部堺町で

ナシの出来をチェックする組合員ら=東近江市建部堺町で

 東近江市建部堺町のナシ園で7日、「たてべ大凧(おおだこ)果樹生産組合」による早生品種「筑水」の収穫が始まり、地元の運動公園特設売り場に並んだ。

 組合は11年前、兼業農家や脱サラした4人で「小さくてもきらりと光るナシ産地」を目指して設立。1.5ヘクタールのナシ園で栽培、直売している。

 込山和広組合長(53)は「ことしは好天が続き、適度の雨もあり、とてもよい気候条件のため、甘くて形が良い」と手応えを感じており、初日は1時間ほどで予定個数を完売する人気だった。

 価格は1袋(6~8個入り)1000円、箱入り(8~14個)2000~3000円。販売は午前9時から。9月下旬まで無休で続ける。「筑水は数量が少なく、売り切れる場合もあるので、早めに来店を」と組合員。17日からは直売所を滋賀学園高校野球グラウンド横に移動する。問い合わせは、同組合=電0748(25)5936=へ。

(前嶋英則)

旅コラム
国内
海外