【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】31日から初の「2&4レース」 鈴鹿サーキット

【三重】31日から初の「2&4レース」 鈴鹿サーキット

ジャンル・エリア : スポーツ | 三重  2013年08月29日

アジアロードレース選手権のインドネシア戦で力走するバイク(鈴鹿サーキット提供)

アジアロードレース選手権のインドネシア戦で力走するバイク(鈴鹿サーキット提供)

 鈴鹿市の鈴鹿サーキットは31日と9月1日、二輪と四輪の国際レースを同時開催する「アジアン2&4レース」を初めて開く。アジアでのさらなる知名度向上や、将来の誘客増につなげたい考えだ。

 東南アジアやカタールなど5カ国を転戦する二輪の「アジアロードレース選手権」の第4戦と、韓国の自動車最高峰の「スーパーレース」の第5戦。二輪は600~115ccの3クラス、四輪は6200ccと5000cc以下の2クラスで、いずれも1日に決勝がある。

 アジアの二輪と四輪レースを同時開催するのは国内で初めて。両レースで日本人20人を含む計12カ国83選手が参戦する。海外から訪れるレースのスタッフや報道陣らは500人以上と、自動車レース最高峰のF1日本グランプリを除けば鈴鹿サーキットで最大規模となる。

 国内では頭打ち感があるモータースポーツも、アジア各国では過熱している。鈴鹿サーキットはファンから「聖地」として知られてはいるが、これまで積極的な誘客策を取っていなかった。サーキットの広報・宣伝グループは「アジアを市場に取り込む第一歩にしたい」と話している。

 レースは遊園地の入園料(大人1600円、小学生800円)で観戦できる。問い合わせは、鈴鹿サーキット=電059(378)1111=へ。

 (鈴木智重)

旅コラム
国内
海外