【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】夜空の下でヨガ教室 岐阜・柳ケ瀬のビル屋上

【岐阜】夜空の下でヨガ教室 岐阜・柳ケ瀬のビル屋上

ジャンル・エリア : スポーツ | 岐阜  2013年09月18日

柳ケ瀬のビルの屋上にヨガマットを敷き、岩水ゆきゑさん(左)の指導を受けながらヨガを楽しむ人たち=岐阜市弥生町のやながせ倉庫で

柳ケ瀬のビルの屋上にヨガマットを敷き、岩水ゆきゑさん(左)の指導を受けながらヨガを楽しむ人たち=岐阜市弥生町のやながせ倉庫で

 岐阜市弥生町の3階建ての雑居ビル「やながせ倉庫」の屋上で毎月第1水曜の夜、ヨガ教室が人気を集めている。柳ケ瀬のアーケードよりも高い場所で星空を眺めながら、心と体をすっきりとほぐせる。

 女性7人と男性1人が、夜空をあおぎながらヨガマットに寝そべっていた。屋上には土と石が敷き詰められているから、マット越しに石のごつごつした感じが伝わる。

 「ゆっくり息を吐いて。体にありがとうって伝えてあげてください」。指導員の声に合わせ、参加者らは膝を両腕でくるんで丸まったり、全員で肩を組んで円陣をつくって体を引き合ったり。

 夜風が肌に心地よい。近くの焼き肉店とお好み焼き店から甘いにおいが漂ってきて、いっそう気持ちがくつろいだ。「室内と比べて開放感が違う」と笑うのは、仕事帰りの岐阜市彦坂、会社員神谷公子さん(30)。事務職で毎日パソコンに向かう同市上川手、伊藤りえ子さん(36)は「肩凝りが治って最高。柳ケ瀬がもっと好きになった」と話す。

 指導する岩水ゆきゑさん(29)がヨガを始めたのは、大学時代。実家が寺で「人とのつながりや先祖を大切にするヨガの教えは、仏教と似ている」と考えた。

 昨年8月にニューヨークで修業をした後、やながせ倉庫で喫茶店「ビッカフェ」を営む堀江俊宏さん(34)から「屋上で月光浴をしながらヨガを教えてみないか」と誘われた。もともと「みんなの心と体をリセットする機会をつくりたい」と考えていた。今年4月から本格的に講座を始めた。

 次回は10月2日で、雨天延期。1500円。ヨガマットが必要。問い合わせは、ビッカフェ=電090(3308)6309=へ。

(松野穂波)

旅コラム
国内
海外