【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】はままつフルーツパーク時之栖 浜松市

【静岡】はままつフルーツパーク時之栖 浜松市

ジャンル・エリア : グルメ | 特産 | 静岡  2013年09月19日

イチジクの収穫体験は10月中旬まで楽しめる=浜松市のはままつフルーツパーク時之栖で

イチジクの収穫体験は10月中旬まで楽しめる=浜松市のはままつフルーツパーク時之栖で

秋の味覚狩りを体験

 実りの秋-。ことし4月にリニューアルした「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」(浜松市北区)へ収穫体験に出掛けた。

 約43万平方メートルの敷地に100種類以上の果樹を栽培し、通年営業している。スタッフによると「ことしは天候のせいか全体に実の付きが早く、小さめだが味が濃い」。今の旬はイチジクで、ハウス内に整然と並ぶ木々には、たくさん実が付いていた。入り口で籠とはさみを受け取り、食べ頃の実の見分け方を教わりながら収穫。採った分だけ購入する。価格は果物の種類や時期によって異なるが、イチジクは100グラム100円だった。

 これからナシやリンゴが順に収穫期を迎える。25日から11月末までは連日、果樹エリアの説明を受けながら、果物のつまみ食いをしてパーク内を回る乗り合い車両「むらかみ号」を運行予定。

 新設したワイナリーやフードコートも好評。フルーツ工房のフルーツバイキングは、約10種類の果物やパンケーキが30分食べ放題。大人500円、3~5歳250円とあって行列ができていた。子どもに人気の遊具ゾーンやフランス仕込みの噴水ショーもあり一日中楽しめる。

マイタケの収穫体験は2株で500円=浜松市の山本舞茸栽培センターで

マイタケの収穫体験は2株で500円=浜松市の山本舞茸栽培センターで

 10キロほど南の山本舞茸(まいたけ)栽培センターでは、500円でマイタケ2株を収穫して持ち帰れる。気温18度、湿度95%に保たれたハウス内は薄暗く、マイタケの生えたプラスチック容器がずらりと並ぶ。よく茂った株を持ち上げて、そっと引くと、コロンともげた。香りや歯ごたえを楽しむには、収穫から4日以内に食べるのがいいそうだ。

 ▼メモ はままつフルーツパーク時之栖へは、天竜浜名湖鉄道・フルーツパーク駅から徒歩8分。無料シャトルバスもある。車は、新東名高速道路・浜松SAスマートICから4キロ。午前9時から午後9時までで定休なし。入園料は大人700円、小中学生350円。フルーツ収穫体験は午前10時半から午後3時まで。パーク内の「むらかみ号」は無料だが要予約=(電)053(428)5211(担当・土屋)。山本舞茸栽培センターは午前8時から午後2時まで、無休。収穫体験は要予約=(電)053(437)9595

(中日新聞夕刊 2013年9月19日掲載)

旅コラム
国内
海外