【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】城端線の利用PR もりあげ隊が始動

【富山】城端線の利用PR もりあげ隊が始動

ジャンル・エリア : まちおこし | 富山 | 鉄道  2013年10月07日

「城端線に乗ろう」啓発ブース前で、段ボールの城端線列車に入り記念写真を撮る子どもたち=砺波市五谷で

「城端線に乗ろう」啓発ブース前で、段ボールの城端線列車に入り記念写真を撮る子どもたち=砺波市五谷で

夢の平 コスモス畑に啓発ブース

 砺波市民や商工関係者、市職員らでつくる城端線砺波市利用促進実行委員会(通称・城端線もりあげ隊)は6日、初の取り組みとして同市五谷の「となみ夢の平コスモスウォッチング」会場に「城端線に乗ろう」啓発ブースを設けた。(萩原誠)

 コスモス畑が一望できる広場にテントを張って開設。城端線の歴史を紹介するパネルを展示したほか、20年で利用者が半減した現状を指摘して利用を呼びかけるパンフレットを配った。列車の塗り絵、段ボールの列車と記念写真が撮れるコーナーもあり、子どもに人気だった。

 この日はJR砺波駅から会場まで無料シャトルバスがあり、駅改札口で会場の飲食ブースで利用できる200円割引券のほか、JRから文具セットの記念品が配られた。啓発ブースを訪れたJR高岡駅の松沢登志雄駅長は「地元の皆さんとともに1人でも多くの人に城端線を利用してもらうよう取り組んでいきたい」と話していた。

 啓発ブースはシャトルバスの運行がある13、14、20日も設ける。

旅コラム
国内
海外