【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】「花いろ」が縁結び のと鉄と湯涌温泉 スマホ活用 ファンの往来連携

【石川】「花いろ」が縁結び のと鉄と湯涌温泉 スマホ活用 ファンの往来連携

ジャンル・エリア : サブカルチャー | 石川 | 鉄道  2013年10月11日

湯涌ぼんぼり祭りに合わせて取り付けられたアニメのヘッドマーク=穴水駅で

湯涌ぼんぼり祭りに合わせて取り付けられたアニメのヘッドマーク=穴水駅で

 アニメ「花咲くいろは」の舞台になったのと鉄道(穴水町)と金沢市の湯涌温泉が、ファンの誘客に向けて連携を強化している。12日からは、スマートフォン(多機能携帯電話)を活用した新企画を始める。ここ数年で訪問が増加しているファンの往来を活発化させ、相乗効果を狙う。(加藤健太)

 のと鉄道は昨年1年間、駅や沿線を訪れたファンを2万人と推計。湯涌温泉は統計を取っていないが、週末には県外からファンの来客が絶えず、「放映開始前には考えられなかった盛況」という。

 これまでも連携の動きはあったが、本年度、のと鉄道の事業が県の能登半島地震復興基金に採択されて加速。手を携えての誘客に本腰を入れた。

 両者は、スマートフォンアプリを共同で制作し、12日から新企画「花いろ旅あるき」を始める。沿線や湯涌温泉、穴水駅周辺を巡ると、アニメの登場人物が画面に現れ、各地点の魅力を、声優が吹き込んだ音声で紹介する仕組みだ。

 双方のPRにも力を入れている。のと鉄道は、12日にある「湯涌ぼんぼり祭り」に合わせてアニメのキャラクターが描かれたヘッドマークを車両に設置。9月末に開かれたのと鉄道のイベントでは、会場に湯涌温泉の足湯コーナーが設けられた。

 のと鉄道と湯涌温泉の担当者は「ファンの来客を維持できるように策を打っていきたい。県全体が潤えばいい」と話している。

旅コラム
国内
海外