【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】仲間入りしました 大紀町の動物園にエミューの子ども

【三重】仲間入りしました 大紀町の動物園にエミューの子ども

ジャンル・エリア : 三重 | 動物  2013年10月25日

写真

 大紀町の大内山動物園は、ダチョウと同じ走鳥類のエミューの子どもの飼育を始めた。1歳の雌3頭が飼育場を走り回り、来園者に向かって金網越しに首を伸ばすなど人懐っこい姿を見せている。

 エミューは大人の背丈が1.7メートルとダチョウよりやや小さく、オーストラリアに生息している。

 園では2年前から大人の雄1頭を飼育している。雌の3頭は将来繁殖させるために県内の別の飼育施設から譲り受けた。現在、背丈が1.4メートルで体重12~13キロ。のどの毛が灰色をしている。1年ほどかけて大人になるにつれ、徐々に青みがかってくるという。

 同園の阿部貴広主任(28)は「エミューはあまり人怖じしない性格。雨の日はより活発に活動するので見にきてほしい」と来園を呼び掛けている。

 繁殖ができるのは早くて2015年末。雌は長さ20センチほどの濃い緑色の卵を産む。

 (浅井貴司)

旅コラム
国内
海外