【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】交流会館で23日に「ダンスビート下呂」

【岐阜】交流会館で23日に「ダンスビート下呂」

ジャンル・エリア : スポーツ | 岐阜 | 文化  2013年11月21日

ホールの舞台で照明の具合などを確認する真寿美さん(左)らスタッフ=下呂市の下呂交流会館で

ホールの舞台で照明の具合などを確認する真寿美さん(左)らスタッフ=下呂市の下呂交流会館で

 下呂市の若者らがストリートダンスを披露する「ダンスビート下呂2013」が23日、下呂市の下呂交流会館で開かれる。会場には会館内のホールの舞台を使用。普段は講演会などに使われる舞台が、ダンスにふさわしい1日限りの「クラブ」に生まれ変わる。

 ダンスビートは2月に続き2回目の開催。前回は交流会館が主催し、園児から大人まで市内でヒップホップやハウスなどのダンスをする19チームが出演。派手な照明と音響が薄暗い会場に響く中、市内の外国語指導助手(ALT)らがディスクジョッキー(DJ)風の司会を務めて「クラブ」の雰囲気を演出。下呂では発表の場も少ないため、大盛況で終わった。

 「もう一度やりたい」との声を受け、今回は初回のスタッフが中心になって企画。だが問題は会場だった。前回開催した交流会館内のスタジオは設営は簡単だったが狭く、観客が入り切らなかった。体育館なども会場に考えたが、音が屋内にこもらないため断念。そこでホールの舞台だけを使うアイデアが飛び出した。

 客席との間の緞帳(どんちょう)を下ろして舞台を隔離。舞台上の蛍光灯を暗いブラックライトに変え、レーザー光線を放つ装置を置く。当日はスモークをたき「クラブ」のような雰囲気をつくる。会館担当者の駒田健さん(40)は「ピアノのコンサートなどで舞台だけ使うことはあるが、ダンスイベントは初めて」と戸惑いながら成功を願う。

 プロデューサーの真寿美さん(40)=下呂市金山町=は「良い感じになると思う。子どもたちが見たことがない異空間で、練習してきたことを発表できて良かったと思える場になったら」と会場の雰囲気に手応えを感じた様子。26チームが出演し、和太鼓とダンスの競演もある。開演は23日午後1時半。入場料は前売り800円(当日1000円)。問い合わせはダンスビート下呂=電090(2928)6956=へ。

 (田中一正)

旅コラム
国内
海外