【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】足元ぽかぽか、こたつ舟登場 飯田の天竜川下り

【長野】足元ぽかぽか、こたつ舟登場 飯田の天竜川下り

ジャンル・エリア : | 甲信越  2013年12月02日

「こたつ舟」でぬくぬくしながら川下りを楽しむ観光客ら=飯田市で

「こたつ舟」でぬくぬくしながら川下りを楽しむ観光客ら=飯田市で

 飯田市で天竜川下りを運航する「天竜舟下り」(弁天港-時又港)と「天竜ライン下り」(天龍峡温泉港-泰阜村唐笠港)に1日、こたつ舟が登場した。乗客は足元から暖まりながらくつろぎ、冬支度を始めた渓谷美を楽しんだ。

 天竜舟下りのこたつ舟は26人乗りで、豆炭あんかを使っている。コースは所要時間35分。船頭は「ギイギイ」と櫂(かい)をこぐ音を響かせながら、底が見えるほど澄んだ川を進んだ。

 急流に出くわすと、舟は揺れ、大きな水しぶきを上げた。この季節でも、サギやカルガモが姿を見せることがあるという。

 初めて乗った松本市開智小学校5年の山下沙織さん(10)は「暖かいこたつに入りながら、バシャンバシャンと水が飛んでくるのが楽しかった」と満喫していた。こたつ舟の運航はいずれも2月末まで。

(石川才子)

旅コラム
国内
海外