【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】年賀状は私と一緒に 茶臼山動物園で撮影イベント

【長野】年賀状は私と一緒に 茶臼山動物園で撮影イベント

ジャンル・エリア : 動物 | 甲信越  2013年12月11日

撮影イベントに登場する木曽馬の「サクラ」(市茶臼山動物園提供)

撮影イベントに登場する木曽馬の「サクラ」(市茶臼山動物園提供)

 来年の干支(えと)「午(うま)」にちなんだ木曽馬や、かわいらしいアルパカと一緒に年賀状用の写真撮影ができるイベントが、長野市の茶臼山動物園で開かれている。15日まで。入園料を払えば、撮影は無料。

 年末恒例のイベントで、休日は家族連れでにぎわう。今年の「モデル」として白羽の矢が立ったのは、メスの木曽馬「サクラ」。背中に乗ることはできないが、飼育員の野口敦子さん(23)は「サクラは人懐こくて、自分から人に寄っていくほど。顔を近づけて撮影できますよ」と話す。

 撮影会には、園が冬季の期間限定で栃木県の那須どうぶつ王国から借りて飼育しているメスのアルパカ「キナコ」も登場する。触りながら記念撮影できるという。

 このほか園内には、正月気分を盛り上げる門松や馬のイラストを描いた撮影用の顔出し看板を設置する。

 カメラを持って来園すれば、職員が撮影のサービスをしてくれる。撮影時間は、平日はサクラが午後1時15分、キナコが午後1時40分から15分間。休日は、サクラが午前11時と午後1時10分、キナコが午前11時半と午後1時40分から20分間となっている。

 (森若奈)

旅コラム
国内
海外