【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】飛躍の年へ巨大羽子板 福井・神明神社

【福井】飛躍の年へ巨大羽子板 福井・神明神社

ジャンル・エリア : オブジェ | 文化 | 福井  2013年12月18日

巨大羽子板が設置され、迎春ムード漂う境内=福井市の神明神社で

巨大羽子板が設置され、迎春ムード漂う境内=福井市の神明神社で

 福井市宝永4丁目の神明神社に17日、巨大な羽子板が設置された。来年のえと「午(うま)」にちなんで馬の絵が描かれ、迎春ムードを盛り上げている。

 羽子板は東日本大震災復興などの願いを込め、2012年の正月から設置を始めた。高さ3.5メートル、幅1メートルで、「絵馬洞」(福井市光陽2丁目)の絵馬師たちが製作した。

 この日は絵馬師らが、雪が残る拝殿前の柱に羽子板をひもでくくりつけた。羽子板は2月3日まで設置。神明神社の禰宜(ねぎ)、宮田京(たかし)さんは「来年は景気が良くなり、皆さんの不安が解消されるように願っている」と話していた。

 (笠松俊秀)

旅コラム
国内
海外