【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】不老長寿の湯気香る 沼津で橘の湯

【静岡】不老長寿の湯気香る 沼津で橘の湯

ジャンル・エリア : 文化 | 果物 | 静岡  2013年12月20日

甘酸っぱい香りに包まれる戸田香果橘湯。冬至と元日の両日楽しめる=19日、沼津市戸田で

甘酸っぱい香りに包まれる戸田香果橘湯。冬至と元日の両日楽しめる=19日、沼津市戸田で

 日本原産の貴重なミカンの橘を使った「不老長寿・戸田香果橘(たちばな)湯」が19日、沼津市戸田のホテルで報道機関に公開された。冬至の22日と元日に、戸田地区の市営温泉とホテル4カ所で楽しめる。

 JA伊豆の国と戸田観光協会が企画した。国内には1200種類のミカンの木があるが、日本原産はシークワーサーと橘の2種類のみ。橘は古事記や日本書紀に「永遠に香る不老長寿の実」として登場し、大切にされてきたが、現在は野生木が減少している。

 沼津市の戸田地区には三十数本の自然木が残り、橘が自生する北限の地とされる。直径3センチほどの小さな実だが、湯船に浮かべると甘酸っぱいユズのような香りが広がり、体験した女性らはうっとりしていた。

旅コラム
国内
海外