【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】ハクチョウ飛来、今冬は少なめ? 諏訪湖で26羽確認

【長野】ハクチョウ飛来、今冬は少なめ? 諏訪湖で26羽確認

ジャンル・エリア : 動物 | 甲信越  2014年01月08日

コハクチョウの飛来数が増え始め、冬らしさを感じさせる諏訪湖=岡谷市で

コハクチョウの飛来数が増え始め、冬らしさを感じさせる諏訪湖=岡谷市で

 ハクチョウの越冬地で知られる諏訪湖で、飛来数が少しずつ増え始めた。コハクチョウが餌を食べたり、羽づくろいをしたりする姿が、湖畔を散歩などする人たちを和ませている。

 観察を続ける諏訪湖白鳥の会によると、飛来数は5日は6羽だったが、6日に17羽、7日は26羽と今週に入って増え始めた。うち1羽はオオハクチョウ。しかし、昨シーズンに比べて100羽ほど少ないという。

 同会事務局の阿部正則さん(68)は「新潟方面の平地では多いと聞くが。温暖化の影響だろうか、理由はよく分からない」と話す。会長の白田正夫さん(66)も「こんなに少ないシーズンは初めて。どうしちゃったんだろうか」と、例年のような飛来を心待ちにしている。

 同会は毎朝、餌をやり、飛来数を確認している。コハクチョウは3月下旬ごろまで過ごす。

(林康雄)

旅コラム
国内
海外