【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】らんらんいちご園 愛知県西尾市

【愛知】らんらんいちご園 愛知県西尾市

ジャンル・エリア : 動物 | 愛知 | 果物  2014年01月16日

赤く色づいた実に手を伸ばしイチゴ狩りを楽しむ家族連れ=愛知県西尾市市子町で

赤く色づいた実に手を伸ばしイチゴ狩りを楽しむ家族連れ=愛知県西尾市市子町で

大粒、温室に甘い香り

 愛知県西尾市に市子町(いちごちょう)なる地名があることをご存じだろうか。そして何とここにはイチゴ狩りが楽しめる施設もあるのだ。「大粒で甘い」との声を聞き、評判の「らんらんいちご園」へ出かけた。

 のどかな田園風景が広がる市子町。「らんらんいちご園」は榊原敏光さん(45)が経営する町内で唯一のイチゴ狩り施設だ。6年前、不振だった洋ラン栽培からイチゴに切り替え、約5500平方メートルの温室で4万4000株を栽培している。品種は、酸味が少なくて甘い「章姫」、味も色も濃い「紅ほっぺ」、ジューシーでトロピカルな風味の「かおり野」。予約時に希望の品種を言うと、できるだけ配慮してくれる。

 温室内には甘い香りが漂い、春の気分。近くから来たという家族連れは「粒が大きく、おいしかった」と満足そうだった。通路もゆったりしていて、車いすもOK。1時間制限だが「くつろいでほしいから、厳しいことは言いません」と榊原さん。

 練乳は無料、200円追加でチョコシロップとホイップクリームが付けられる。カップル限定の「夜のイチゴ狩り」(2、3月の土曜)や地元のパティシエと提携したオリジナルの「苺(いちご)ロール」(1200円)を販売するなど営業にも工夫を凝らしている。

木曽馬の乗馬体験を楽しむ子ども=西尾市鳥羽町の「吉良の赤馬牧場」で

木曽馬の乗馬体験を楽しむ子ども=西尾市鳥羽町の「吉良の赤馬牧場」で

 ここから東へ10キロほど行くと「吉良の赤馬牧場」(同市鳥羽町)がある。5年前にオープンした山の中の小さな牧場。木曽馬が3頭いて、乗馬体験ができる。引き馬は1000円、レッスンは3000円、外乗(がいじょう)は6000円。牧場主の河井弘康さんが寝起きを共にして愛情を注ぐ馬たちは、しぐさも穏やかで、優しい目をしていた。初心者向けの引き馬を体験したら、馬の体温で降りた後もしばらくお尻が温かかった。

▼メモ らんらんいちご園へは、名鉄西尾線・西尾駅から名鉄東部バス一色線に乗り、八ケ尻で下車し徒歩約5分。車は岡崎バイパス(国道23号)西尾東ICから約15分。今シーズンのイチゴ狩りは6月1日まで。金曜定休。予約制で、受け付けは午前9時半から午後2時まで。料金は時期によって異なる。4月6日までの土日祝日は大人1700円、小学生と70歳以上1500円、3歳以上の幼児1100円(平日は各100円引き)。(電)0563(56)8200。吉良の赤馬牧場は月、火曜定休、午前10時から正午、午後1時から4時まで。(電)090(4797)4684

(中日新聞夕刊 2014年1月16日掲載)

旅コラム
国内
海外