【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】愛らしい作品紹介 松本で絵本画家が個展

【長野】愛らしい作品紹介 松本で絵本画家が個展

ジャンル・エリア : 甲信越 | 芸術  2014年01月23日

木炭や鉛筆で描かれた白黒の作品=松本市中央で

木炭や鉛筆で描かれた白黒の作品=松本市中央で

 絵本画家のみやこしあきこさんの個展が、松本市中央のレストラン・トラットリア松本画廊で開かれている。柔らかいタッチで小動物を描いた作品が多い。2月18日まで。

 みやこしさんは埼玉県出身で都内在住。木炭紙や厚紙に木炭や鉛筆を使って、白黒で光の明暗や小動物の毛並みなどを描写している。代表作は「もりのおくのおちゃかいへ」。2012年には日本絵本大賞を受賞している。

 冬の景色を臨みながら窓際で食事をするウサギや、ソファの上で昼寝をするハクビシンなど、愛らしい作品33点が並ぶ。作品は買い求めることもできる。

 (北村希)

旅コラム
国内
海外