【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】射水で「じんじん」しよう 絵本の力、親子の絆映画で

【富山】射水で「じんじん」しよう 絵本の力、親子の絆映画で

ジャンル・エリア : まちおこし | 富山 | 芸術  2014年01月28日

映画「じんじん」の一場面

映画「じんじん」の一場面

 北海道剣淵(けんぶち)町を舞台に子どもへの読み聞かせを通し、絵本の力と親子の絆を描いた映画「じんじん」が3月に射水市内の3カ所で上映される。大島絵本館を中心に絵本文化を広めている射水市、市絵本文化振興財団などが上映実行委員会を設けて催す。(青木孝行)

 「じんじん」は、俳優の大地康雄さんが企画・主演。映画で心が通い合い「じんじん」してほしいとの願いから名付けた。

 射水市は、絵本の里づくりを掲げる同町と2006年5月に姉妹都市提携。剣淵産のジャガイモ、タマネギ、カボチャを市内の学校給食に使うなど交流を続けている。

 27日には実行委の初会合があり、会長の夏野元志市長は「多くの市民に見てもらい、絵本を通して親子の絆を見つめ直してほしい」と呼び掛けた。

上映実行委初会合であいさつする夏野市長(右から3人目)=射水市役所小杉庁舎で

上映実行委初会合であいさつする夏野市長(右から3人目)=射水市役所小杉庁舎で

 作品は、映画館のない地域で上映するスローシネマ方式で昨年7月から全国で展開中。製作会社の一つ、シネマとうほくの鳥居明夫社長は「映画で地域が盛り上がってくれれば」と期待を寄せた。

 3月21日にラポール(同市戸破)で、22日新湊中央文化会館(同市三日曽根)と大門総合会館(同市大門)で上映する。前売り券は一般1000円(当日券1500円)で、高校生以下は当日券のみで800円。問い合わせは、市まちづくり課=電0766(57)1622=へ。

旅コラム
国内
海外