【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】かまくらで鍋はいかが 飯山に期間限定店

【長野】かまくらで鍋はいかが 飯山に期間限定店

ジャンル・エリア : グルメ | 特産 | 甲信越  2014年02月06日

かまくらの中で暖を取る人=飯山市で

かまくらの中で暖を取る人=飯山市で

 かまくらで鍋料理はいかが?-。来年春の北陸新幹線金沢延伸で新駅ができる飯山市に、雪のかまくらの中で鍋料理を出すレストランが期間限定でオープンし、親子連れらでにぎわっている。

 市郊外の雪原にあるレストラン「かまくら村」は25個のかまくらが並ぶ。大きいもので直径約3メートルあり、大人6人以上がゆったりくつろげる。中にはいすと、しちりんを埋め込んだテーブルが置いてあり、特産の豚肉やキノコを使ったみそ鍋を食べられる。

 初めて訪れた小川村の主婦野神真紀さん(31)は「いつもと違う雰囲気で、同じ鍋でもよりおいしく感じる」と楽しそうだった。

 地元観光協会などが2003年に始め、2年前に協会が解散後、市民の有志が受け継いだ。有志の足立高さん(67)は「飯山の良さは自然。ぜひ体験しに来てほしい」と話した。

 営業は2月末までの金曜と土日、祝日。料金は料理込みで大人2000円、小学生以下1000円、未就学児は無料。予約や問い合わせは、信州いいやま観光局=電0269(62)3133=へ。

旅コラム
国内
海外