【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】鉄斎の画業 一堂に 県水墨美術館 きょうから展覧会

【富山】鉄斎の画業 一堂に 県水墨美術館 きょうから展覧会

ジャンル・エリア : 富山 | 文化 | 芸術  2014年02月14日

準備が進み、開幕を待つ「画人富岡鉄斎展」=富山市五福の県水墨美術館で

準備が進み、開幕を待つ「画人富岡鉄斎展」=富山市五福の県水墨美術館で

 近代最後の文人画家と呼ばれる富岡鉄斎(1836~1924年)の画業をたどる「画人 富岡鉄斎展」が14日、県水墨美術館(富山市五福)で始まる。13日は展示作業が進められ、会場の準備が整った。

 鉄斎は京都生まれ。国学や儒学、仏教を学び、在野の文人として活動した。掛け軸や屏風(びょうぶ)など61点で、画人としての鉄斎の魅力を紹介する。

 南画や文人画に取り組んだ初期、大和絵や琳派(りんぱ)、浮世絵などに学んだ中期、奔放で熟成した画境に達した後期に分けて展示。中でも晩年作の「瀛州仙境(えいしゅうせんきょう)図」「西王母(せいおうぼ)図」「福禄寿(ふくろくじゅ)図」の三幅対の掛け軸がそろって見られる貴重な機会となる。

 会期は3月23日まで。入場料は一般700円、大学生500円、高校生以下無料。同美術館、北陸中日新聞、富山テレビ放送主催。 (松岡等)

旅コラム
国内
海外