【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ガラス造形研究所 卒業生の力作並ぶ 富山市民プラザ

【富山】ガラス造形研究所 卒業生の力作並ぶ 富山市民プラザ

ジャンル・エリア : オブジェ | 富山 | 芸術  2014年02月18日

立体の解剖図をガラスと和紙で仕上げた作品=富山市民プラザで

立体の解剖図をガラスと和紙で仕上げた作品=富山市民プラザで

 富山ガラス造形研究所(富山市西金屋)の2013年度の卒業制作展が19日まで、富山市大手町の市民プラザで開かれている。入場無料。

 研究所の造形科、研究科を13年度に卒業する20~50代の生徒19人が出展。会場には半年から2年ほどかけて制作された作品21点が並ぶ。

 高さ3.5メートルの「私的肉体閲覧図」は、立体の解剖図をガラスと和紙で作り上げた作品。制作した研究科2年小林千紗さん(26)は「さまざまな平面の解剖図を何枚も見て勉強した」と笑顔を見せた。

 他にも手のひらの起伏を丘陵で表現した作品や、小さな船の模型などが並び、研究所の講師中神牧子さん(42)は「個性あふれる作品ばかりで完成度も高く素晴らしい」と生徒の成長に目を細めた。 (広田和也)

旅コラム
国内
海外