【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】栄誉賞 そろい踏み 松井ミュージアム一般公開

【石川】栄誉賞 そろい踏み 松井ミュージアム一般公開

ジャンル・エリア : スポーツ | 文化 | 石川  2014年02月20日

一般公開された市民栄誉賞表彰状や輪島塗のバット=能美市山口町で

一般公開された市民栄誉賞表彰状や輪島塗のバット=能美市山口町で

 能美市山口町の松井秀喜ベースボールミュージアムで19日、元大リーガー松井秀喜さん(39)に贈られた市民栄誉賞の表彰状と記念品のレリーフ、輪島塗のバットの計3点が新たに一般公開された。

 表彰状とブロンズのレリーフ(縦45センチ、横40センチ)は、市が1月に市内で開いた市民栄誉賞授与式で、酒井悌次郎市長が松井さんに手渡した。

 一緒に展示された輪島塗のバット(長さ85センチ、重さ1キロ)は、松井さんの国民栄誉賞受賞を記念し、1月に輪島市が松井さんに贈った。漆黒に蒔絵(まきえ)で背番号「55」や直筆サインなどが描かれている。

 いずれも、国民栄誉賞や県民栄誉賞、旧根上町(現・能美市)民栄誉賞の表彰状や記念品が置かれたコーナーに展示された。

 松井さんの父昌雄さん(71)は「国、県、市、旧町と4点がそろうのはなかなか珍しいと思います。感慨もひとしおで、非常に光栄です」と話した。

 京都府福知山市から旅行で訪れた公務員の男性(19)は「すごい人であると同時に、地元でも愛されている姿が伝わってきました」と述べ、早速展示品に見入っていた。 (世古紘子)

旅コラム
国内
海外